Home » BCP対策というのは企業のみではないです

BCP対策というのは企業のみではないです

要するに災害対策になります

BCP対策とは、一般的に企業のリスク回避法として使われていますが、実際には一般家庭でも意識しておいたほうがよいことでもあります。つまりは、備蓄です。企業の場合は企業活動をすぐに開始できるように、或いは現在の業務を停止させないようなシステム、対策のことを指すわけですが、一般家庭では要するに日常生活を再開できるようにすることになります。そのためにしっかりと食料などの備蓄をしておくとよいでしょう。それが家庭のBVP対策といえます。

BCP対策の基本は再起動

BCP対策の基本的な考え方は、活動をすぐに開始できるようにすることにあります。企業であれば企業活動になるわけですが、そのためには経営資源などもしっかりと守る必要があるのです。その行動こそがBCP対策になります。勘単にいいますと備蓄であったり、データのバックアップであったりしますが、これにもやはりお金がかかることになるわけです。BCP対策自体はそこまで難しいことをやっているわけではないのですが、問題はお金がかかることになります。

結局のところとして費用が

BCP対策として、立派であり、完璧な備えを考えることは難しくないのです。それこそ、あらゆることに備えればよいだけの話であるからですが、それには費用がかかります。これこそが最大のネックであり、最大の問題点であるといえでしょう。特に企業にとっては収益を圧迫するような行為になってしまうのでやったほうがよいとわかっているとしてもなかなか実行に移すことができない、というのです。しかし、国が推奨していることでもあります。

BCP対策とは、事業継続計画のことであり、大災害やテロにあった場合に被害を最小限に抑え、早期に復旧する為の計画の事です。

Comments are closed.