Home » 外壁塗装を依頼する時に注意するポイント

外壁塗装を依頼する時に注意するポイント

新築住宅の場合は10年目に外壁塗装をするのが常識

家を長持ちさせるためには定期的に外壁塗装をする必要があります。外壁は1年中休むことなく外気から家を守っています。24時間太陽光や雨や風や雪を浴びているので、年と共に劣化していきます。塗装が剥げたり壁にヒビができたり破損することもあります。それらを放置すると雨が染み込んで、構造材を腐らせたり屋内にカビが発生する原因にもなります。新築住宅の場合は10年目に外壁塗装をするのが一般的です。また目で見て壁にヒビができていたり塗装の剥げに気づいたら、すぐに専門業者に見てもらうことです。

業者を選ぶ時には複数の業者に見積もりを出してもらうこと

外壁塗装を依頼する時には1社だけでなく複数社に見積もりを出してもらうようにします。その中身を比較して業者を選ぶのです。業者によっては細かい見積もりを書かないで費用の総額だけを明示する所があります。しかしきちんとした業者は使用する塗料の種類などを明記してあります。そのような業者を選ぶことが大事です。専門家でないと使用する塗料の種類はわからないものですが、質問にしっかり答えてくれる業者なら安心して任せることができます。

見積書に塗料の種類が明記されている業者を選ぶこと

塗料の種類にも色々あって、値段も違ってきます。例えばこまめに塗り替えをするので安くあげたい場合はアクリル系の塗料を選びます。費用対効果の高い塗料ならシリコン系が適していますし、環境問題に関心のある場合は次世代塗料として知られている光触媒塗料を使うことになります。業者に外壁塗装を依頼すると、必ず使用する塗料をどれにするか打合せをすることになります。このような打合せがない業者は避けた方が賢明です。またアフターフォローのしっかりした業者を選ぶことです。

外壁塗装の遮熱塗料は建物の断熱性を向上させる効果があります。そのため、断熱材が劣化した建物の居住性を向上させる目的での使用に適しています。

Comments are closed.