Home » 「5時に夢中!」で続いている有名人の降板劇

「5時に夢中!」で続いている有名人の降板劇

作家・元女子プロレスラーの降板

Tokyo MXの看板番組に、「5時に夢中!」という番組がありますが、ここのところ主要メンバーの入れ替えが激しくなっているようです。始まりは、作家のNさんが、女優のMさんに「ポルノ女優のくせに」と言った件を謝るようにとスタッフから言われ、そんなことは言っていない・いや言ったという争いになって、番組を降板することになったあたりから始まったと言えるでしょう。その後は、元女子プロレスラーHさんの降板です。

美人アシスタントの降板

Hさんの場合には、乳がんになったことにより降板となったわけですが、番組中にはそんなことをおくびにも出さず、普通に振る舞っていたのには驚かされます。それから、美人アシスタントNさんの降板です。彼女自身は、アナウンサーなので芸能人とは言えないのかもしれませんが、「5時に夢中!」にはなくてはならない存在だったと言えるでしょう。ですから、彼女のいなくなった穴はけっこう大きいものがあると言えるのではないでしょうか。

元レースクイーンの降板

そして、元レースクイーンであるOさんの降板です。番組中では、インフルエンザにかかっていたのに番組に出演して出演者に迷惑をかけたので辞めることになったと言っていましたが、降板の理由としては何か釈然としないものがあります。どうも、彼女の自由すぎる発言や奔放な態度が内部的な軋轢を生んだというのが、降板の本当の理由のようです。その後は、MCのFさんとトークショーで大喧嘩になったという話ですが、やはり彼女も番組を降板させられたことで腹を立てていたのでしょう。

山本英俊はフィールズという主にパチンコ関係の機器の販売を行っている会社の代表取締役です。フィールズは、ウルトラマンで有名な円谷プロの親会社でもあります。また、競走馬の馬主としても有名です。

Comments are closed.